最近のコメント

無料ブログはココログ

« 吉報 | トップページ | »

2018年8月20日 (月)

真夏の訪問

こんにちは、はなこですヽ(´▽`)
毎日暑い日が続きますね~
今年は殺人的な暑さだと、連日ニュースやワイドショーでも騒いでいますね。
しかし大げさでも何でもなく、
「本当に死にそうだよなあ、アハハハハ
( ̄▽ ̄)

と少々狂い始めているはなこでございます。
訪問に出る際車に乗り込もうとドアを開けた時の、あの熱気。
目玉焼きは無理でも温泉卵くらいできるだろう。
窓全開で走っても、シートの熱さはしばし変わらず。
温まっているという表現は、それこそ手ぬるいわ。
真冬なら大歓迎なんだが。
しかし乗って運転しないわけにいかないので腹をきめて出発。
あれ…?
何故かしら、意識が朦朧としてきた…
あらっ、猛烈に眠気が…
あああ。しぬー…
…こういうことが今年はしばしばあるのです。
さすがに「本当に死ぬんじゃないか?」と恐ろしくなってきます。
それで、いくつか対策を講じてみました。

その1:助手席のドアを開けて運転席側のドアを大きく開閉(5~10回)
数年前にテレビで見た方法。
熱い空気が効率よく逃げるんだそうな。
何度か試したところ、確かに若干は良いかもしれない。
でもシートは熱いままなので、今年の暑さにはこれでは間に合わぬ。
そして何より周りの目が結構気になる。うるさいし。
完全に閉じなくてもバタンといく手前で止めればいいとか言うけれど、体力使う…

その2:濡らして振ると、気化熱で冷感が得られるというタオルを首に巻く
借りて短時間のみ使いました。
当たり前だが濡れる。服が。
車内で温まってしまっても、振れぬ。
却下。

その3:古典的だが窓全開&外気取り込みモード(強)
これもテレビでやっていた。
熱気を出すにはその1よりこちらがよい。併用すればなおよい。
しかしシートは熱いまま。
(しつこいようだが熱いシートに温められて、
もとい焙られて運転するのが危険だと今年は感じているのでここは重要。)
灰が降ったらお手上げ。

その4:素直に冷たいものを携帯する。
より古典的な方法。
小さめの缶コーヒーで、飲み口が広くてキャップ式になっているものがあればゲット。
以前から流涎の多い方のアイスマッサージ用に使っていたのですが、
今年は自分用だ~
これに氷を入れて、さらに塩を入れるのです。
そう、昔理科で習いましたね。
塩の凝固点降下作用を利用して、普通の氷よりもさらに温度の低い状態にしちゃおうと、
耄碌しかかった脳をフル回転させて乏しい知恵を絞った!!
氷は口までいっぱいに詰めてきっちり蓋をして、
ペットボトル飲料のおまけに付いていたボトルカバーに入れて、
首に当てたり腋下にはさんだり、動脈を冷やすようにします。

その結果!

これがいちばんしゃっきり目が冴えたのでした!!

もちろんこれも溶けてしまうし、時間がたてばぬるくもなります。
しかし、2時間半くらいは使用に耐えますよ!!
ケーキなどについてくる保冷剤も試しましたが、30分でただのスライムです…

難点は、一番暑い午後にフルで活用できないことと、
氷を結構消費してしまうことですね。
いっぱい氷が冷蔵庫にある時は活用させていただいております。


ほかの皆さんはどういう工夫をしているのでしょう?
「これお勧め!」と言いうネタがありましたらぜひ教えてください!
ヽ(´▽`)

« 吉報 | トップページ | »

訪問リハビリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2108805/74069036

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の訪問:

« 吉報 | トップページ | »