最近のコメント

無料ブログはココログ

« 「あいーと」摂食回復支援食の試食会 | トップページ | さよなら2017年 »

2017年12月20日 (水)

嚥下食レストラン

こんにちは、はなこですヽ(´▽`)

年の瀬も押し迫って参りました。 

ここのところ寒い日が続いていますね。 

鹿児島も寒い! 

石油ファンヒーターにしょっちゅう給油するもので、 

今月燃料費が膨大です。 

サンタさん。 

クリスマスには灯油下さいヽ(´▽`) 

現金でもいいですよヽ(´▽`) 


さて、本題です。 

私の知人で関東で働いているSTさんがいらっしゃるのですが、 

嚥下障害のある方でも気軽に入れるようなカフェやレストランが増えたら… 

という願望を、現実にすべく動き始めているようです。 

 

始めたばかりというブログがこちら。 

生涯外食。http://cafe-st.hatenablog.com

 

頑張っているなあ~とリスペクトしてしまいます。

嚥下障害のある方々が一般のレストランや喫茶店に、 

家族や友人と連れ立って食事に行けたらどんなに世界が広がるでしょうか。 

 

しかし、ムース、ゼリー、ペーストなど、 

嚥下食独特の形態に対応してもらうのは至難の業であることも確かです。 

建物や道路などのバリアフリーもまだまだ遅れているのが現状ですもの… 

嚥下障害当事者の中には四肢が不自由なために、 

車椅子での移動を余儀なくされている方もいらっしゃるわけで、 

二重の手厚いバリアフリーが必要になってしまう。 

そう考えると八方塞がりになりそうなところを、あえて動く! 

とりあえず動く! 

そのように活動を開始した方々が他にもいらっしゃいます。 

つばめSpoon Projectは、三重県津市で始まったプロジェクトです。 

サイトはこちら。 

http://milesmile100.wixsite.com/tsubame-spoon 

 

サイトには、 

(以下引用) 

「公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパンおよび津市民活動推進事業の助成を得て、摂食嚥下障害を持つ方々や子ども達がもっと外食や外出を楽しむことが出来るための情報誌「つばめ手帖」を制作し無料配布する事業を行います。(以下略、引用終わり)」

とあります。

 

こちらで作成する「つばめ手帖」は、いわゆるお出かけマップですね。 

まずその地域において、 

プロジェクトの趣旨に賛同し協力できる、 

あるいは食形態など配慮してくれるお店などを募集し、

情報を掲載していくようです。 

作成予定は2万部。 

主に三重県内の当事者利用施設等へ無料配布されるようです。 

嚥下食レシピなども順次公開される模様。 

詳しくはリンク先をご覧くださいね。 

 

上記はそれぞれ活動している方の地元の情報収集に基づくものですが、 

全国規模でこれを調査して掲載しているサイトがありました。 

 

摂食嚥下関連医療資源マップ 

http://www.swallowing.link/ 

 

これは摂食・嚥下障害に関わる医療関係者を中心に結成された研究チームで、 

歯科医師が中心となって活動しているようです。 

「高齢者の摂食嚥下・栄養に関する地域包括的ケアについての研究」の文言を掲げ、 

医療資源マップ作り(冊子とウェブサイト作成) 

連携モデルの提示 

教育事業 

軽度の摂食嚥下・栄養障害者への検診 

その他

等の活動を行っています。 

このマップが面白い。 

全国の摂食・嚥下障害者に対応できる飲食店のみならず、 

訪問で嚥下のリハビリができる病院や事業所、 

VEVFが可能な病院等も掲載されているのです。 

われらがクリニックもありました!! 

かなり見ごたえがありますので、興味のある方はぜひご覧ください。

 

このマップをよくみると、 

さすがに関東地方には対応できるお店が多く存在しているのが分かります。 

東京ディズニーランドもそうなんですって。 

さすがですねー。

 

このマップでは、鹿児島にはまだ対応してくれる飲食店はないようです。 

これから、声を上げていかなければ。 

 

何かで以下のようなニュアンスの文章を読みました。 

「一流の飲食店ほど、客の様々な、時には無茶とも思える要求に対応してくれる。それはその料理人が食というものが各個々人にとっていかに重要なものであるか身に染みて理解しているからだ。そしてそれゆえにそこは一流なのだ」

深いです… 

  

最後に、NHKの番組の情報。 

もう放送終了したようですが、牛丼の吉野家の取り組みが面白いです。 

https://www.nhk.or.jp/seikatsu-blog/500/262461.html 

 

12月は忘年会シーズン真っ只中ですが、

飲み込みに問題がある方々も、外で忘年会ができるような街になったら楽しそうですね。

« 「あいーと」摂食回復支援食の試食会 | トップページ | さよなら2017年 »

訪問リハビリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2108805/72497337

この記事へのトラックバック一覧です: 嚥下食レストラン:

« 「あいーと」摂食回復支援食の試食会 | トップページ | さよなら2017年 »