最近のコメント

無料ブログはココログ

2018年12月 2日 (日)

言葉のない世界の生きづらさ~感覚失語Bさんの場合

こんにちは、はなこですヽ(´▽`)。
どうもこのブログは改行が難しい。
詰まったり離れたり何なんだ!?
途中で変になっても気にしないでくださいね~


12月の勉強会で「失語症支援者養成事業」についてお話をさせていただくこととなりました。
今年3月5日の記事でも挙げていますので、どうぞご参照ください。
それに関連して、今回は失語症の話題。

今日は、感覚失語のお話です。
感覚失語とは、聴覚的理解が低下し、滑らかに話すものの内容が全く分からない発話をす
る、
というのが大きな特徴です。
別名ウェルニッケ失語とも呼ばれと言われて、どのくらいの方がその実際の症状を想像できるでしょう?
一番典型的な感覚失語像を挙げると、
・話しかけても返事をしない、あるいはしょっちゅう聞き返す。
・内容にそぐわない応答や反応をする。
・相手が話しているにもかかわらず、さえぎるように一方的にしゃべりだす。
・声が大きくまくしたてるように話し続け止まらないが、内容が分かりにくい。
・日本語に無いような単語らしきものが出てくる、同じ語が何度も出てくる。
・だらだらしゃべるものの「あれ」「それ」などの指示語が多く内容が無い。
こんな感じでしょうか。
特に後半の、脈絡もなくいろいろな言葉が組み合わさった意味のない発話をジャルゴンと
呼びます。
どういえばイメージしやすいか考えてみましたが…
よく、外国人とのやり取りに例えられますが、
「まったく日本語のわからない外国人が、日本人相手に『自分の言葉が通じないは
ずがない!!!』と信じ込んでいて、相手の困惑を全く気にも留めずに大声で流暢にまく
したてる」
という感じでしょうか。
例外はもちろんありますが、
「自分の話が通じていないことを自覚できない」という点が特徴的です。


一昔前、まだ失語症がどういうものなのかよく知られていない時代、
このような言動は精神病では…と誤解され、
感覚失語の方がしばしば精神科に送られたという話を、
はなこがSTになりたての頃に聞きました。
このタイプは病識が無いので、
「自分に障害がある」「自分の言語能力の問題である」とは考えられず、
「相手がわざと自分に分からないように言っている」「相手に問題がある」
と捉えることがしばしばあります。
通じない、理解できないと苛立って激昂したり…
ですから、トラブルを起こすこともあるのです。
失語症についての知識を得て長年この仕事に従事してきた現在では、
聴覚的フィードバックが機能しておらず自分の発話の内容のなさを自覚できない、
それゆえ病識にも乏しくなるとか冷静に考え、ある程度対応することはできます。
耳からの情報が入ってきにくいので書字をして見せて視覚的に入力して理解を促すなど。
しかし知識のない一般の人々はどうでしょう?
このような症状を呈する方に出会うと非常に驚くのではないでしょうか。
あまりに早口に畳みかけるように話すため、
「怒られているのか…もしかしたら危害を加えられるかも…」と恐れをなす方もいます。
そして失語症当事者は、
「自分に会う人が皆変な表情で自分を見ているのはなぜ?」
「この人はなぜ自分に分からないような話し方をするのか?」
とストレスをためていく。
そんな悪いループに陥ってしまうことが度々あるのです。


50代後半のBさんは、ある日久々に会った夫に包丁で切りかかりました。
入院生活が長引いて離れ離れの生活を送る中で、
「夫が来ないのは浮気をしているからではないのか?」と疑ったのです。
実際は慣れない家事と仕事で忙殺されていたのですが、
電話で声だけ聞いていても何を言われているかわかりません。
Bさんの日ごろのコミュニケーションの状況は、
文字などを提示することでようやく相手の意図がくみ取れる状態であり、
発話はジャルゴンで夫にも理解してもらえません。
(本語がしゃべれない外国人と電話でやり取りすることを想像してみると、
少しは実感がわくのではないでしょうか。)
Bさんは自分が失語症であることをある程度は理解できていました。
会えない上、電話でもやり取りできず、自分ひとり他人の中に放り出されている。
被害妄想を抱いても仕方がないかもしれません。
リハビリ中に会話をしていて危うさに気付いたセラピストが話を聞き、
誤解を解こうとカウンセリングをすすめていた矢先の出来事でした。
幸い夫婦とも怪我はありませんでしたが、夫の受けた精神的ショックは大きかったでしょう。
それ以降はなるべく時間を作っては見舞いや外泊など行うようにしたそうです。


これは決して極端な例ではないと思います。
はなこがお会いした失語症の方の中で、
感覚失語の方が精神不安定になるケースが多かったように思います。
ですからなるべく相手の意図をくみ取りたいという姿勢を、
常日頃から明確に示すように心掛け、ラポートを形成する努力をしてきました。
しかしそれでもうまくいかないことが多く、私たち言語聴覚士も苦悩します。
そしてさらに思うことは、
苦悩しながらも、諦めてはいけない。
私たちが諦めたら失語症当事者に寄り添うことはできません。

2018年10月24日 (水)

お久しぶりです!
花男です!

いつのまにブログストッパーになっていました( ´∀` )

申し訳ない…
今年は登山にはまっていまして、
10月初旬に韓国岳に登ってきましたー
大浪池登山口から韓国岳まで約8km
最後の2kmは木段が1000段以上もあるルートです 
画像は山頂から見た
大浪池と
白煙をあげる新燃岳と高千穂嶺です
登山はきついものではありません(o^-^o)。きっと…
楽しめる要素がいっぱいあります。
是非、興味がある方は登ってみてください
絶景が待ってますよー(*^.^*)

2018年8月20日 (月)

真夏の訪問

こんにちは、はなこですヽ(´▽`)
毎日暑い日が続きますね~
今年は殺人的な暑さだと、連日ニュースやワイドショーでも騒いでいますね。
しかし大げさでも何でもなく、
「本当に死にそうだよなあ、アハハハハ
( ̄▽ ̄)

と少々狂い始めているはなこでございます。
訪問に出る際車に乗り込もうとドアを開けた時の、あの熱気。
目玉焼きは無理でも温泉卵くらいできるだろう。
窓全開で走っても、シートの熱さはしばし変わらず。
温まっているという表現は、それこそ手ぬるいわ。
真冬なら大歓迎なんだが。
しかし乗って運転しないわけにいかないので腹をきめて出発。
あれ…?
何故かしら、意識が朦朧としてきた…
あらっ、猛烈に眠気が…
あああ。しぬー…
…こういうことが今年はしばしばあるのです。
さすがに「本当に死ぬんじゃないか?」と恐ろしくなってきます。
それで、いくつか対策を講じてみました。

その1:助手席のドアを開けて運転席側のドアを大きく開閉(5~10回)
数年前にテレビで見た方法。
熱い空気が効率よく逃げるんだそうな。
何度か試したところ、確かに若干は良いかもしれない。
でもシートは熱いままなので、今年の暑さにはこれでは間に合わぬ。
そして何より周りの目が結構気になる。うるさいし。
完全に閉じなくてもバタンといく手前で止めればいいとか言うけれど、体力使う…

その2:濡らして振ると、気化熱で冷感が得られるというタオルを首に巻く
借りて短時間のみ使いました。
当たり前だが濡れる。服が。
車内で温まってしまっても、振れぬ。
却下。

その3:古典的だが窓全開&外気取り込みモード(強)
これもテレビでやっていた。
熱気を出すにはその1よりこちらがよい。併用すればなおよい。
しかしシートは熱いまま。
(しつこいようだが熱いシートに温められて、
もとい焙られて運転するのが危険だと今年は感じているのでここは重要。)
灰が降ったらお手上げ。

その4:素直に冷たいものを携帯する。
より古典的な方法。
小さめの缶コーヒーで、飲み口が広くてキャップ式になっているものがあればゲット。
以前から流涎の多い方のアイスマッサージ用に使っていたのですが、
今年は自分用だ~
これに氷を入れて、さらに塩を入れるのです。
そう、昔理科で習いましたね。
塩の凝固点降下作用を利用して、普通の氷よりもさらに温度の低い状態にしちゃおうと、
耄碌しかかった脳をフル回転させて乏しい知恵を絞った!!
氷は口までいっぱいに詰めてきっちり蓋をして、
ペットボトル飲料のおまけに付いていたボトルカバーに入れて、
首に当てたり腋下にはさんだり、動脈を冷やすようにします。

その結果!

これがいちばんしゃっきり目が冴えたのでした!!

もちろんこれも溶けてしまうし、時間がたてばぬるくもなります。
しかし、2時間半くらいは使用に耐えますよ!!
ケーキなどについてくる保冷剤も試しましたが、30分でただのスライムです…

難点は、一番暑い午後にフルで活用できないことと、
氷を結構消費してしまうことですね。
いっぱい氷が冷蔵庫にある時は活用させていただいております。


ほかの皆さんはどういう工夫をしているのでしょう?
「これお勧め!」と言いうネタがありましたらぜひ教えてください!
ヽ(´▽`)

2018年6月20日 (水)

吉報

こんにちは、はなこですヽ(´▽`)

更新止まってるわ~

次ははなたろうくんの番なのですが。

でも仕方ない。

先日、はなたろうくんの奥様が赤ちゃんを出産されました!

おめでとう、はなたろうくん!birthday

はなたろう妻さんとはなたろうJr.を支えるべく、はなたろうくんは頑張っています。

でもまたいつか記事書いてね?書くよね??( ̄ー ̄)ニヤリ

2018年5月16日 (水)

言葉のない世界での生きづらさ~Aさんの話

こんにちは、はなこですヽ(´▽`)

ん?

前の更新はいつだって?

知らんがなヽ(´▽`)

超開き直りモードに突入。

気がついたら新年度だし目が覚めたらGW終わってるし。

まあ~時の経つのは速いものねぇ…(*゚▽゚)ノ

…怒られそうなので本題へ。

前々回の記事で失語症者支援のお話を書きました。

世間の健常者は、

「言葉がしゃべれないって不便よねえ…」くらいの認識だと思います。

責めているわけではありませんよ。

実のところ、失語症者に接する機会の多い私たちSTも、

同じようにしゃべれない辛さというのは想像するしかないのです。

どのくらいの生きづらさを抱えているか、実感として捉えることはできません。

逆に言えば、客観的にみているからこそ支援ができると考えることもできます。

当事者と同じ辛さにどっぷりと浸ってしまったら、

苦しさのあまり身動きが取れなくなるかもしれません。

こんなケースについて聞いたことがあります。

(個人が特定されないよう、少々フェイクをまじえています。)

Aさんは70代男性。

重度の運動失語で自発話はほとんどなく、単語の復唱がやっと可能なレベル。

複雑な文の理解は困難ですが、日常会話は理解でき、

状況判断力もあります。

片麻痺があり、装具を付けて歩行可能です。

奥様と娘さん一家と同居していました。

ある日、Aさんが一人で家にいるときに同居のお孫さんの同級生が数人訪ねてきました。

そのうちの一人が言いました。

「○○君のクラスメイトです。○○君に言われて本を取りに来ました」

平日の昼間。

まだ学校で授業をしている時間じゃないのか…?

変に思いながらも彼らを家にあげました。

お孫さんの部屋に入り目的のものを持って、その日彼らは帰りました。

夕方帰宅したお孫さんにこういうことがあった、と話したくても話せないので、

気になりながらも黙っているしかありませんでした。

そして次の日、また彼らはやってきました。

「○○君に言われてラジカセを取りに来ました」

やはり日の高い時間帯。おかしい。

孫が友達を使い走りにするだろうか…?

いぶかしく思いながらも、失語のあるAさんには問いただすことができません。

彼らは目的のものを持って行きました。

それからも数回そんなことがあり、バット、ゲーム、色々な物を持っていかれました。

Aさんは不安になりながらも何もできませんでした。

そして、たまたま奥様が在宅の時に彼らが現れ、

何しに来たの?まだ学校のある時間でしょ?

名前は?クラスは?など問いただしたところ、逃げ帰ったとのこと。

その日の夜、奥様が娘さんにその話をし、

娘さんがお孫さんと一緒に部屋を確認すると、

彼らが持って行ったものは返されないまま無くなっていたそうです。

そこでお孫さんに対するいやがらせ(いじめ)が発覚。

奥様にこれまでにもこういうことがあったの?と訊かれて初めて、

Aさんはそうだ、と伝えることができたのです。

お孫さんが災難にあっていることに薄々感づいていながら何も言えず、

逆に黙認するような形になってしまった罪悪感はいかばかりだったでしょうか。

Aさんは週に2回外来でリハビリを受けていてSTと会う機会もありました。

もっとも言語症状について理解している相手にすら、伝えることができなかったのです。

ご家族から聞かされたSTがリハビリの時にじっくり話を聞いてみた時に、

奥様が言ったように「何しに来たの?」とか、

「(孫が持ってこいと言ったのは)本当か?」とか、

一言でも自分も言えたら良かったのに、

とAさんは涙ぐまれたそうです。

そしてAさんの心配事に気付いてあげられなかった、と、

担当のSTも深く落ち込んでしまったとか。

失語症当事者の周りの方が、

「話せなくなったなら話さなきゃいいじゃない」

「私たちが代わりに通訳してあげるよ」

等と口にするのをしばしば耳にします。

家にこもっていれば誰とも会わずに済むし…と。

しかし、実際はそんな単純なものではありません。

家にいながらもAさんのような目にあうこともあるのです。

失語症者支援の話題が出るたびに、この話を思い出すはなこでした。

2018年3月 9日 (金)

鹿児島マラソンに出ました

こんにちは!

ブログストッパー...ではない花男です!

1月に、はなこさんがはなたろうさんに「ブログの更新を早めにお願いしま~す」と言っていたのを懐かしく思い出します。はなこさん、もうはなたろうさんに「ブログを早く書いて下さい」なんて言えなくなりましたね( ´∀` )

はなこさん、あなたも立派なブログストッパーです!(笑)

ブログ更新に関しては、これからは僕が2人に厳しく言っていくしかないようです(`ε´)

 

さて、2,3月は僕が楽しみにしていたマラソンがありました!

2月は人吉温泉春風マラソン、3月には鹿児島マラソンに出場しました。

昨年以上に練習に取り組み、心を鬼にして挑みました。

その結果がこちら!

 

平成30年2月18日(日) 人吉温泉春風マラソン

ハーフマラソンの部

タイム:1時間34分46秒

P_20180307_190541_1


自己ベストです!感無量( ;∀;)

1時間45分を目標にしていたので10分も速くゴールできるとは思わなかったです!

天気もよく応援も地元の方がたくさん来られ賑わっていました!

また参加します!

 

平成30年3月4日(日) 鹿児島マラソン

フルマラソンの部

タイム:3時間57分29秒

P_20180307_190632_1_2


きつかった…ただその一言です。

この日は気温が20℃を越え大量の汗をかき20kmで足がつってしまい、後半は大失速でした。足がつるなんて初めてで慌ててしまいました。

暑さ対策ができず目標の3時間40分はきれなかったですがなんとかサブ4は達成。

しかし天気が良くたくさんの方が応援にきてくれてました!

応援がなければもっとタイムが遅かったと思います(^-^;

応援してくださった方々、ありがとうございました!

 

作業療法士の方が写真を撮りに来てくださったのですが、見つけられずすいませんでした(。>0<。)

 

来年も出ます!

次こそ3時間40分切りを達成します!あわよくば3時間30分切りを!

 

次は5月にある南日本クロスカントリー大会に向け頑張ります。

 

たまにはSTっぽい記事も書かないとですね(笑)

2018年3月 5日 (月)

失語症者向け意思疎通支援事業

こんにちは、第2のブログストッパーはなこですヽ(´▽`)
いつの間にこんなに間が空いたのかしらsweat01
半月ほどのつもりがあらまぁあらまぁ~
ネタを温めていたつもりが温めすぎて腐ってしまうのではsign02
という危機感の元、やっと着手…

今回は失語症者の会話支援の話題です。
従来、聴覚障害者のための手話通訳者や要約筆記者の派遣、
視覚障害者のための代筆・代読・音訳等の支援は、
障害者総合支援法の事業として各自治体が中心となり実施しています。
その障害者総合支援法の仕組みの中で新たに始まるのが、
「失語症者向け意思疎通支援」です。
平成30年度から本格始動するこの取り組みは、
引きこもりがちな失語症者に対し社会参加を促すことが目的ですが、
その橋渡しとなる意思疎通支援者が必要になってきます。
失語症の方とのコミュニケーションは、その病態から非常に複雑で困難を極めるため、
専門的な意思疎通支援者を養成することが、この取り組みの大きな柱となります。

失語症は、「聞く」「話す」「読む」「書く」という4つの言語的側面、
言語の大モダリティと呼ばれますが、この4つが多かれ少なかれ障害されます。
…と、ここまでは医療に関わるよく方々ならばよく耳にすると思いますが、
では、例えば「聞く」ことが障害されるとは一体どういうことなのか、
具体的に想像できる方は少ないのでは、と思います。
「聞く」とは聴覚的理解の事ですよ、耳で聞いて理解することが難しくなるのですよ、
という説明だけでは、世間に理解していただくには不十分だと思います。
これだけでは失語症当事者が実際に直面する困難を想像しきれないのではないでしょうか。
当事者の中でも、長い文レベルで相手に言われたことを理解できる方、
3文節文ならば理解できる方、単語でやっと理解できる方、
あるいは単語の理解すらもあやふやな方、というように、
全く可能であるレベルが異なるのです。
さらに、文中の単語の意味から文意を類推できる方もいれば、
単語の理解はできるはずなのに言われた言葉を頭に留めておけないために、
文の意味が理解できなくなる方もいます。
後者は「聴覚的把持力の低下」と呼ばれます。
このように失語症当事者によって障害の重症度も内容も異なっており、

これは他の3つのモダリティについても同じことが言えます。

失語症の意思疎通支援者を目指す方には、
このような失語症の特徴をよく勉強し、理解を深めておくことが重要になります。
よって、支援者養成には必修科目40時間(講義12時間、実習28時間)、
選択科目40時間(講義8時間、実習32時間)を受講してもらうことが必須と決まりました。
講師は主に言語聴覚士が担いますが、
その他行政職員、理学療法士・作業療法士、当事者やその家族にも協力して頂きます。

これまで家族に頼らざるを得なかった外出先での買い物やその他対外的なことも、
当事者が支援者の助けを借りながら行えるようになると思われます。
また、この取り組みにはもう一つ目玉があり、
「失語症サロン」という当事者が集まれる会を整備することが盛り込まれております。

失語症当事者は実際にどのくらいの人数がいるのか、
正確に把握できていないのが現状です。
30年度から本格始動といわれていても、
まずは各自治体がそれぞれの地域の失語症者の数を把握することから開始せねばなりません。
鹿児島もその例に漏れず、実態調査から開始されると思われます。

地域に埋もれている失語症の方々に、やっとスポットが当たろうとしています。
私たち言語聴覚士も気を引き締めて頑張っていきたいと思いますヽ(´▽`)

2018年1月19日 (金)

むせないケーキ

こんにちは!「ブログストッパーはなたろう」です笑

笑っているのは私だけで、はなこさんや花男さんは笑っていないかもしれませんが。。。
私は小児の訪問リハビリにも行かせてもらっているのですが、先日ある歯科医の先生から「イージースイーツ カムリエ」というケーキ通販サイトを紹介していただきました。
なんと「むせないケーキ」ということです。
見た目もキレイで魅力的で美味しそうです。
(サイトより抜粋)
カステラやスポンジ生地などは口腔内の水分を奪うのでむせる原因になり、飲み込むことが難しくなります。
世界のトップパティシエと歯科界・医療界がコラボレーションし嚥下機能・咀嚼機能の低下した方でもおいしく食べられるむせないケーキを作りました。
http://www.kamulier.com/

すごいですね。もちろん、食べられる食べられないは摂食嚥下障害の程度にもよるとは思うのですが、こういった発想が嬉しく思います。私はSTをしていて、「あれはダメ、これはダメ」と言っていることの方が多いなぁ、と感じているので。。。
もし自分に摂食嚥下障害があったら?
食べられるものが限られているのだから、それを食べておけばいい?
私なら、みんなと一緒のものが食べたい。
そして、みんなが良いなーと魅力的に思うものを食べたい。
だから、嚥下食をむしろ魅力的な商品にしてしまっているという発想がすごいと思います。
かわいそうな物を食べているのではなくて、羨ましがられる物を食べられている、ということは気持ちの上でとても大切な気がします。
少し話が飛躍しますが、以前の職場で訪問リハをしていた時にAACを使っている子を担当させていただいていました。
その子はレッツチャットと伝の心とiPadを使っていましたが、iPadを使っていると兄弟が積極的に見に来るんですよね。私にはそう感じました。
魅力的で多様な能力があって、仕方なく使う物ではない、むしろ「次は私に貸してよ」いうくらいの物である。これがコミュニケーションを促進する、という意味でもすごく大切なことであると感じました。
またまた話が変わりますが、例えば補聴器は障害を補助する物だけど、眼鏡は?
オシャレとしても身に着ける人がいますよね。
私は補聴器もオシャレになればいいなぁ、と、安易に思うわけです。
ケーキは私も注文して食べてみようと思います^^
またご報告させていただきます。

2018年1月 4日 (木)

こんにちは!2018年

明けましておめでとうございます🐩

5連休が終わり本日から仕事始めです。
社会人になって5連休なんてありませんでした!
感謝です( ̄▽ ̄)

大好きな箱根駅伝も往路、復路と見ることができて幸せな連休でした。
青学4連覇...強い...
来年も力のある選手が多いので5連覇に期待がかかりますね!
いつか必ず見に行きます(*゚∀゚)

元旦は初日の出を見に、6時30分頃にマリンポート鹿児島に行きました。
ざっと500人以上はギャラリーがいて、さらに豪華客船まで初日の出の時間に合わせてマリンポートに着港。
若干、雲が広がり心配でしたが、眩し過ぎて肉眼では見れないほどの日の出でした🌞


P_20180101_072635_eff_13


皆さん、今年はどのような1年にされたいでしょうか?
僕は2月にある人吉温泉春風マラソンと3月にある鹿児島マラソンを目標タイム内にゴールできるように、またプライベートも充実できるよう頑張りたいと思います(*^.^*)

2018年が皆様にとってより良い1年になることを願ってます。

これからも医療法人平和会をよろしくお願い致します(^-^)

2017年12月29日 (金)

さよなら2017年

こんにちは、はなこですヽ(´▽`)

サンタさんは灯油くれませんでした(あたりまえだ)。

でも忘年会の抽選会でケーキが当たって狂喜乱舞しました!!

今年のツキを全部使い切った気分ですヽ(´▽`)

さて、今年も残すところあと2日ですね。

皆様、本年は色々とお世話になり、ありがとうございました。

わがクリニックでも今年は色々ありました。

STに関して言えば、春に花男くん、すみれちゃん、はなたろうくんが入職して、

一気に賑やかになったのですが、

残念ながらすみれちゃんが事情により退職してしまいました…

すみれちゃん、新天地でも頑張って!ヽ(´▽`)

保険制度の改定やら目前に控え、緊張感がみなぎってきますね。

全てが介護する人される人にとってより良いものになりますように。

さて、今年の締めは、STらしくこの話題にしましょうかね。

おもちによる窒息死を減らすために 毎年1月は1300人の窒息死亡者

https://news.yahoo.co.jp/byline/nakayamayujiro/20171229-00079863/

この筆者は、嚥下障害者や高齢者にはもちを食べさせるべきでない、

もちという食文化があるのはわかるが、

窒息死という危険をかけてでも守るべきものなのか、

と主張しています。

はなこのご近所さんで「あくまき」をのどに詰まらせて亡くなった方がいらっしゃいました。

ご本人も相当苦しかったろうと思いますが、

食べさせたご家族がご自分を責めていらっしゃったのが、とても痛々しかったです。

家庭内で窒息が起きると、非常に救命が難しいというのは事実です。

出来れば食べてほしくないなあ…と私も思います。

あっ、暗い話題になってしまった…

ともかく、来年も笑顔でお会いできますように!

皆様、良いお年をお迎えください!ヽ(´▽`)

«嚥下食レストラン